The Roodys Official Homepage

2015年

6月

21日

ミカエル・スタンダード vol 10

さて
ヤマザキさんから
呼ばれたオレは

レギュラー
下ろされるんだろうな…

とある意味
腹をくくっていた…

そして話を聞いてみると…

「アキボー
毎月イベント…
そうだな
ブリティッシュっぽい
バンド集めてイベントを
やらないか?」

耳を疑って
目を丸くするオレに

ヤマザキさんは
続けて言った…

「もちろん
ザ・ルーディーズは
レギュラー!
そしてもう一つ
ナイトナイトというバンドもレギュラーで!どうだ?」

そりゃ驚いたよ…

オレは下ろされるのも
覚悟して
話を聞きに行ったんだから…

当然返事は

「よろしくお願いします!」

だよな?(笑)

ヤマザキさんから
「タイトルをすぐに決めろ!」
と言われたので

すぐに決めた…

当時新宿ACBで
ザ・シェイクスを中心に
「Welcome to the Beat club」というのをやってたんだよな…

この噂は新宿ロフトにも入っていた…

ヤマザキさんとしては
新宿ロフトに出演してる
若いバンドにも
そういったチャンスを与えたい…

そして
新宿ロフトにも
ブリティッシュビートの
目玉となるイベントを…

という思いが
あったみたいだ…

ナイトナイトの
サカモトくんと
タイトルを協議したけど

結局はオレのアイデアが
通った…

その名前は

「ロンドンタイムス」

新宿ロフトの未来のスターの登竜門となるイベントの

スタートが切られた…

責任者はオレだ…


ザ・ルーディーズ
Singer
秋村恵丈