The Roodys Official Homepage

2015年

7月

05日

ミカエル・スタンダード vol 11

「ロンドンタイムズ」
の滑り出しは上々だった…

他のバンドからの売り込みとかも結構あったよな…

幸也
(元ARB、現アレルギー)
そうウチでギター弾いてたこともある幸也だ…

幸也のバンドも
昼に出ていたのを
オレが夜へ引っ張り上げた…
いっしょにやろうよ!
ってな…

幸也のギターの
ファンだったんだよな(笑)

いろんな仲間が出来たな…

ナイトナイトの
サカモトくんも
めちゃくちゃ良いやつで
いつも楽しく会話していた…
でもバンド同士になると
ライバル意識っては
あったと思うよ…
なにせレギュラーは
オレたち2バンドだからな…

そんな順調に進んでいた
ある日…

重大な事件が起きた…


毅が
話があると言い出したんだ…

まあオレは薄々は気がついていたんだけど…

そう

「辞めたい…」

ってことだ…

オレは
引き止めもしなかった…

辞める辞めないは
個人の問題で
そこにオレがあれこれ
言いたくなかったからだ…

その時

「お互い頑張ろう!」

と話したはずだ…

笑顔で別れられたから
今でも仲良く出来るんだと思う…

遺恨とか
残したくなかったしな…

さて困ったのは
残されたメンバーだ…

だけどな…

ここには
アマチュア的な考え方は
一切なかった…

毅が辞める事を
薄々感じていたオレは
もう次のステップへ
走り始めていた…

オリジナルメンバーの
ザ・ルーディーズでは
限界を感じていたんだ…

だから毅が辞めるのを契機に新しくスタートしようと思っていた…

オレたち兄弟以外の
メンバーには

「悪いけど解散する」

と伝えた…

「ただ
ザ・ルーディーズの名前は貰うから…」

とも…

ここから第二期の
ザ・ルーディーズが
スタートしたんだ…



ザ・ルーディーズ
Singer
秋村恵丈