The Roodys Official Homepage

2015年

7月

29日

タケオの部屋335

The Roodys リードギター タケオです。「タケオの部屋335」へようこそ。

以前、ザ・ルーディーズの東京進出と自分の上京が偶然同じタイミングだったというところまで書きましたが、今回はその続きについて書いてみようと思います。


上京してからは一人離れたところに住んでいましたが、しばらくしてからみんなのそばに引越して、リハーサルに同行し荷物運びなどローディーをやってました。ライブにも同行し手伝うというより勉強させてもらいました。当時のルーディーズは主に新宿ロフトや下北沢のシェルターでライブを行っていました。

はっきりとは覚えてないですが、3~4年ぐらいみんなと一緒に活動したと思います。

ワンボックスのバンの機材車を預かることになり、所有していた時期もありました。

その後、みんなのもとを離れることになります。理由は、はっきりは覚えてないんですがなんとなく一人でやってみようと思ったんだと思います。当時はアキラさん率いるザ・ルーファスに所属していたので、ルーファスを脱退する形でみんなのもとを離れることにしました。

その後もルーディーズのライブはよく見に行っていました。ルーディーズは唯一無二でやっぱりカッコよかったです。

ギターはずっと練習・研究していました。ミュージックシーケンサーにドラムとベースを打ち込んで、それにあわせてギターを弾く練習が主体。また、あちこちのスタジオに行っては色々なアンプを試したり…。アンプ直に接続するのが一番そのアンプの特色が現れますね。

そんなこんなしているうちに、友達の紹介でバンドをつくることになりました。リハーサルを数回やりましたが、全然しっくり来なかったのでやめるならはやいほうがいいと思いすぐ解散。

そうこうしているうちに、ある想いが強くなってきました。あのルーディーズでギターを弾かせて貰えないだろうか…という想いが…。

しかし、ケイジョーさんの連絡先がわからない。あるところへ連絡し、折り返し連絡を貰えることになり待つことに…。そして、ケイジョーさんからの電話が鳴り、意を決して……。


続く…

The Roodys 
Lead Gt. 
Yukitake Takeo